[賃貸借契約]
入居までの流れ
賃貸借常識
確定日付
登記謄本の見方
韓/日住宅賃貸借比較
[売買契約]
外国人の不動産取得
   ソウル生活イロハ
  ソウルMap(日本語)
  お役立つリンク
- 日本大使館
- ソウル日本人学校
- Seoul Japan Club
MyAgentソウル不動産
ブログ
Home : 契約の流れ > 外国人の不動産取得
3.ケース別外国人不動産取得手続き
4.不動産売買資金搬入及び搬出
5.不動産関連税
 3. 4. 5などに付いてはお問い合わせくださいませ。
I.概要
1.外国人土地取得自由化
 IMF危機以後急激に萎縮した不動産市場の活性化と外資誘致の必要によりその間、閉鎖的で
運営してきた国内不動産市場を全面的に開放。
 従前外国人は行政機関の許可を得て実需要範囲内での土地だけを取得できたが外国人土地法
の全面改正で申告だけで用途に関係なく国内土地を取得することが可能。
 ただし、軍事施設保護区域、文化材保護区域、生態系保存地域内の土地、そして軍事目的上
必要な一部島地域の土地取得は例外的に事前許可を要する。(外国人土地法第4条)
 国内人に適用される土地取得及び利用、開発に従う規制は外国人にも同一に適用
2.その他不動産開放内容
 建物賃貸、分譲供給業と土地賃貸、開発供給業も‘98.4., '98.5.各々解放され、外国人が何
の制限なしで国内で関連業種を営むことが可能のようになる。
 土地公社、地方自治団体等一部団体だけが可能だった宅地開発供給業も'99.4.宅地開発促進
法の改正で外国人を含む民間事業者も参加することが可能。
-ただし、単独事業は不可能で国家、自治体、土地公社、住宅公社、地方公社等と共同で出資して設立した法人形態事業参加が可能(資本50%未満)
 '98.9 不動産仲介業法改正で外国人も不動産仲介業登録が可能。
 '99.6 住宅建設促進法施行規則改正で20世帯以上の外国人専用共同住宅団地建設供給可能。
3. 不動産関連主要規制緩和
 土地市場活性化:土地取引許可区域解除、宅地所有上限制廃止
 住宅市場活性化:アパート再当り制限期間短縮、アパート分譲権転売制限緩和、アパート分譲
自由化、賃貸住宅早期分譲許容等
MyAgentソウル不動産 仲介法人(株)
住所:ソウル市龍山区西氷庫路67、16(龍山洞5街、龍山パークタワー)
=>地下鉄4号線二村駅①番出口から63m

TEL :02-508-3668 
FAX:02-508-3611
Mail:myagent@myagent.seoul.kr